沐浴後のお手入れ|赤ちゃんの沐浴はスキナベーブ

文字サイズ

  • 標準
  • 大

持田ヘルスケア株式会社

沐浴後のお手入れ

お風呂から上がってきれいになった後は
コラージュDメディパワー保湿ジェルで保湿

赤ちゃんの肌は、大人よりも水分がずっと少なく乾燥しやすい状態です。また皮脂量は生後2〜3ヶ月頃から急激に少なくなります。そのため生まれてすぐから保湿をしてあげることが大切です。

用意するもの

コラージュDメディパワー保湿ジェル

沐浴後のお手入れ

  • 着がえはあらかじめ用意しておきます。
  • バスタオルの上に赤ちゃんを上げ、両手足を伸ばして、水気をとります。
    首やわきの下、くびれの部分は特に念入りに。
  • おむつをあて、全身に保湿ジェルを塗ります。
  • 服を着せて、綿棒で鼻と耳を拭きます。
  • 新生児はおへそを消毒します。
  • 沐浴後はのどが渇くので、赤ちゃんがほしがるようなら母乳等を飲ませます。

☆つめが伸びていると、顔などをひっかきやすいので、手足とも週に一度は切ってあげてください。
指を一本ずつ持って、ていねいに切ります。 足のつめも同様です。

保湿ケアと部分のお手入れ方法のご紹介(動画)

画像をクリックすると、動画が始まります

保湿

保湿

おでこ、鼻、頬、あごなどに保湿剤を少しずつおき、手のひらをすべらせるようにしてやさしくぬります。小鼻のわきや乾燥しやすい目の下は特にていねいにぬりましょう。

保湿【ポイント】
口の周りはこまめに保湿。
耳のつけ根も忘れずに。

保湿

口の周りはミルクやよだれなどで汚れやすく、頻繁に拭くことで乾燥しやすくなります。沐浴後だけでなく、こまめに保湿します。

保湿

耳の付け根は、乾燥により切れやすい部分です。耳たぶを前に倒して、耳の後ろや下も保湿しましょう。

保湿

保湿剤を手にとり、手のひらで伸ばしてからすべらせるようにしてやさしくぬります。
クリーム・軟こうタイプは手のひらで伸ばし、おさえるようにぬりましょう。
【ポイント】
くびれやしわの間、手足の指もしっかり保湿。おしりも忘れずに。

保湿

腕や足のくびれ・しわの間、手足の指もしっかり保湿します。
指も1本1本ていねいに、指の股も忘れずに保湿しましょう。

保湿

おしりも忘れずに保湿しましょう。

全身を保湿したら服を着せます。最後に部分のお手入れをします。

保湿

大人の手のひら2枚分の面積に対して、ローションやジェルなら1円玉大、クリームなら人差し指の指先から第一関節までが目安です。ぬったあとにティッシュが貼りつくぐらいがよいでしょう。

部分のお手入れ

おへそ

綿棒に消毒用エタノールをつけ、おへそを広げてやさしく消毒します。
・消毒の期間は産院・産婦人科医の指示に従いましょう。

耳

頭をおさえて綿棒で入口とくぼみを軽く拭きとります。
・綿棒は、耳・鼻の奥までいれないようにしましょう。
・片方ずつ綿棒の先を替えましょう。

鼻

頭をおさえて綿棒で見える部分をやさしく掃除します。

つめ

赤ちゃん用のつめ切りで、1本ずつていねいに切ります。

ページの先頭へ