コラージュD|赤ちゃんの沐浴はスキナベーブ

文字サイズ

  • 標準
  • 大

持田ヘルスケア株式会社

コラージュDシリーズ

赤ちゃんの皮脂量の変化グラフ

5-6ヶ月ごろからは、赤ちゃんの肌はカサカサに

新陳代謝がさかんで、ベタベタしがちだと思っていた赤ちゃんの皮膚。生後1ヶ月をピークにして、皮脂量が急激に減りはじめます。5〜6ヶ月ごろからは、思春期まで続く人生でもっとも皮脂が少なくなる時期。ほとんどの赤ちゃんは、肌が乾燥してカサカサになってきます。お風呂上りの赤ちゃんのからだをチェックして、早めにしっかり保湿のケアをはじめましょう。

カサカサ肌に3ステップの保湿ケア

  • STEP.1 洗う
  • STEP.2 入る
  • STEP.3 塗る

洗う

コラージュD石鹸

お問い合わせ

オンラインショップ

特 長

1. ヌルヌルがとれやすい。

ツルツルすべるのが心配な、初心者ママも安心。

2. すすぎ落ちがよい。

成分が水に溶けやすく、肌に石鹸分を残しません。

3. 皮脂を落しすぎない。

乾燥から肌を守っている大切な皮脂をとりすぎません。

ヌルヌルが残らないから、すっきりキレイ

すすぎ落ちがよく、赤ちゃんの肌に石鹸分を残すことなく短い時間できれいさっぱりと洗えます。だから、赤ちゃんの肌はいつもすべすべです。低刺激性で、皮脂を落としすぎることもなく、赤ちゃんの肌にも、お母さんの手にも、やさしい石鹸です。

くびれが多いから要注意

赤ちゃんのからだは生後1ヶ月を過ぎる頃にはぷくぷくしてきて首やワキ、股など、くびれができてきます。そんな部分には洗った後の石鹸分が残りがち。しっかり握った手のひらの中にも石鹸分が残っていることがあります。残った石鹸分が、肌のトラブルの原因になることもあります。また、赤ちゃんの目や耳にお湯が入らないように心配するあまり、すすぎが不十分になってしまうことも考えられます。デリケートな赤ちゃんの肌に使う石鹸は、すすぎ落ちがよいことが大切なのです。

入る

コラージュDメディパワー保湿入浴剤

お問い合わせ

オンラインショップ

特 長

1. 浴槽に入れてつかるだけで簡単に全身保湿。

乾燥が始まった赤ちゃんの肌をしっとりすべすべに。

塗り忘れも塗り残しもなく、全身の保湿ができます。

動きが活発になってきたら

カサカサが気になり始める時期の赤ちゃんは、保湿ケアしてあげたくても、寝返りやハイハイ、つたい歩きなどで動きが活発になってきて、じっとしていてくれません。
コラージュDメディパワー薬用保湿入浴剤は、ちゃぷんとお湯につかるだけでローションをぬったような状態にしてくれます。お湯につかるだけなので家族みんな手軽で簡単に保湿ができます。

塗る

コラージュDメディパワー保湿ジェル

お問い合わせ

オンラインショップ

特 長

1. カサカサが気になるところをしっかりガード。

乾燥肌に不足しがちな3大保湿因子の働きを持つ成分をバランスよく配合したメディパワー処方で、角質層の水分を保ちます。

2. さらっとのびるジェルタイプ。

刺激も少ないので、顔にも身体にもご使用いただけます。

キレイにした後の保湿、気をつけていますか?

赤ちゃんのホッペ、ゴシゴシこすりすぎていませんか?
キレイにするのは大切なことですが、1日に何度も拭いていると、皮膚を守る皮脂膜がとれてしまい、口のまわりやホッペがカサカサになることも。そんな時は、きちんと保湿してあげるようにしましょう。

商品・販売店に関するお問い合わせは

0120-01-5050

(9:00〜17:40 土・日・祝日を除く)

お問い合わせ

ページの先頭へ

オンラインショップ 持田ヘルスケアオンライン