石鹸を使う沐浴|赤ちゃんの沐浴はスキナベーブ

文字サイズ

  • 標準
  • 大

持田ヘルスケア株式会社

石鹸を使う沐浴

お風呂デビューに備えて練習しましょう
ベビーバスを卒業したらお風呂デビュー!

比較的すべりにくい方法なので、新米のお父さんやお母さんにも安心してできます。
お風呂デビューに備えて練習しましょう!

用意するもの

コラージュD石鹸

沐浴の前に

  • 着がえはあらかじめ用意しておきます。
  • 時間は、毎日だいたい一定の時間にしましょう。
  • 授乳直後の満腹のとき、授乳直前の空腹のときは、避けた方がよいでしょう。
  • 浴室で沐浴させるときは、沐浴前に浴室を暖かくしておきましょう。

    ベビーバスを使う場合は、浴室でなくてもかまいません。その場合は、ビニールシート等を利用します。とくに冬は、暖かい室内で沐浴させる方が、赤ちゃんも快適です。

  • 沐浴布はガーゼで代用可能です。

    身体にのせておくと赤ちゃんが安心するので、沐浴させやすくなります。
    寒い季節には冷えてしまわないよう、注意してあげましょう。

コラージュD石鹸での沐浴の手順

コラージュD石鹸をつかった沐浴の手順を、わかりやすいイラストでご紹介いたします。

服を着せたまま、軽くお湯でしぼったガーゼで顔を拭きます。

手のひらで石鹸を泡立て、おでこ・鼻・頬・あごとていねいに洗います。

ぬらしたガーゼで顔を拭き、石鹸を落とします。
【ポイント】
このとき、石鹸分が顔に残らないよう、丁寧に拭き取りましょう。

ビニールシートの上で服を脱がせ、赤ちゃんの身体を観察したら、脱がせた服の上で石鹸をぬれたガーゼで泡立たせ左手で首を支えながら頭を洗います。

石鹸をぬれたガーゼで泡立たせ、身体を洗います。首、腕、胸、おなか、足の順に洗います。

赤ちゃんのからだ を横に向けて、背中 を洗います。

最後にオムツをはずし、股・おしりをていねいに洗います。

先ほど脱いだ服で肌に押しつけるように石鹸分をとります。

これで外洗いは完了

ガーゼなどのやわらかい布を赤ちゃんの身体にのせて、足からゆっくりとお湯にいれます。

ガーゼを使って洗い流します。くびれの部分はとくに入念に。

赤ちゃんのからだを下に向けて、背中とおしりを洗い流します。

全身洗いが完了したら、一息ほど赤ちゃんをお湯の中で温め、お湯から上げます。最後にかけ湯をしましょう。

ページの先頭へ